2015年07月26日

山口・島根旅行(2日目)

150726_0.jpgさて、旅行2日目は角島、秋吉台を巡ります。今回の旅行はできるだけ、公共交通機関を使おう、というコンセプトでしたが、2日目だけはレンタカーを借りました。新下関まで移動してトヨタレンタカーで、ヴィッツをレンタル。国道191号を北に向かいます。角島に一直線の予定でしたが、レンタカーやさんでもらった地図に「本州最西端」の文字が。ちょっと、「毘沙ノ鼻」へ寄り道。青い海ちょっとばかり突き出した本州最西端はのんびりしていました。(写真1枚目)


150726_1.jpgさて、気を取り直して、再び国道191で北へ。途中の車窓には青い海が続きます。案内標識に従い、県道275に入り少し走ると、角島大橋に到着(写真2枚目)。橋のたもとで記念撮影し、島を1周。橋自身も有名観光地となり、島も綺麗な海を観光資源として一気に賑わった様子。ただ、どの駐車場も有料のようで、灯台にも寄らずに戻ってしまいました。

再び国道191号に戻り青海島方面へ。青海島の本州側、仙崎漁港で少し早い昼食。入ったのは、白菊という食堂。スプリングがむき出しになりかけたソファーなんかを使っているお店ですが、おいしかったです。私はフライ定食。あと、みんなでイカの刺身。サービスで小魚の唐揚げなんかもつけてもらってしまって。


150726_2.jpgさて、おなかもいっぱいになったので、秋吉台へ。国道191から県道28へ。国道242に入りしばらく走ると広大なカルスト台地が。以前行った、四国カルストよりその広さに圧倒。「帰り水」の駐車場でまず写真撮影(写真2枚目)。近づいている台風の影響か、風が強く、雲行きも怪しい。足早に、秋芳洞へ。ふきっさらしの台地から一転、土産物屋さんのならぶ「観光地」。でも、秋芳洞は確かにすごい。奥多摩の日原鍾乳洞、福島のあぶくま洞、岩手の龍泉洞といろいろ見ましたが、洞内のひろさは一番だと思います。百枚皿もここならでは。
鍾乳洞を楽しんだあとは、お土産物やさんにつられて、ソフトクリーム。


150726_3.jpgさて、まだ2時過ぎ。萩に直行し宿に行くには少々早い。今回の日程をたてるときにいったんはあきらめた、SLやまぐち号を見に行くことに。山口市を経由し、長門峡(ちょうもんきょう)へ。後で知ることになるのですが、長門峡駅の日本海側にある鉄橋は有名撮影地だったようです。そうとは知らずに、他をうろうろしていて、時間がなくなり、もう少し駅の近くで撮影。

SLを撮った後は、萩へ。この日の宿は「芳和荘」という宿。昔、遊郭だったとか。いまでは、普通の旅館で、建物が萩市の景観重要建造物に指定されてます。建物がロの字型になっていて、中央部に見事な植木のある中庭があります。トイレがくみ取りだったりするので、皆さんにお勧めできる所ではないですが、昔の雰囲気を楽しむのにはおもしろい宿です。もっとお客さんが増えて、改装できる所は改装できると良いのですが・・・。
夕食は、宿の近くの季節料理「いずず」にて、刺身と天ぷら。昼は、うに丼で長蛇の行列ができるとか。この日は日曜日。日曜の夜はお客さんは少なく、女将さんの名物トーク(?)を独占できました。


posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

山口・島根旅行(1日目)

150725_1.jpg今年も少し早い夏休みを頂いて、いつものメンバーで旅行に行ってきました。今年は、国内。山口県と島根県を巡ってきました。関東からすると遠く不便な場所ですが、いろいろと魅力のある所でした。
工程は、羽田から、山口宇部空港へ。下関、角島、秋吉台、萩、石見銀山と回る計画。さて、どのような旅行になったのでしょうか?


150725_2.jpg1日目は、まずは東京からの移動。料金などなどでスターフライヤーを利用。山口宇部空港からは、バスで下関駅へ。ホテルに荷物を置いて−−プリンスホテルという名前でしたが、いわゆるプリンスホテルのチェーンでは無いようです−−、関門海峡の観光へ。
関門トンネルを歩いて渡り、門司港レトロ観光線で門司港、船で本州側へ帰ってくるというもくろみを立て、歩いて福岡県へ(写真)。ところが、門司港レトロ観光線の終電が終わっており、さてさて・・・。
結局、トンネルを歩いて戻り本州へ。おなかがすいたので、唐戸、カモンワーフの近くの「ふくの河久」で「ふくふく満足セット−ふく刺しぶっかけ丼、フライ、唐揚げ、ふく汁)」を食べる。フライが甘みがあり良い感じでした。


150725_3.jpgまだ、寝るには早い時間。目の前には門司港行きの船が。というわけで、関門汽船の船に乗って門司へ。街並みを眺めて、今度はJRで本州へ。結局、本州と九州を2往復。さらには、飛行機、バス、船、鉄道と4種類の乗り物を制覇という慌ただしい1日でした。


posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

高尾山から南高尾山稜

150711_1.jpg新しく買った、MerrellのPROTERRA SPORT GORE-TEXのならしをかねて、高尾山からモミジ台、大垂水峠、大洞山(おおぼらやま)、泰光寺山(たいこうじさん)、草戸山とぐるっと歩いてきました。
地の利(?)を活かして、7時前に高尾山口の駅へ。でもすでにそこそこ登山者がいました。高尾山へは好きな沢沿いの6号路で。あじさいが良い感じでした(写真)。一昨日までの雨のためか沢の水は多い感じでした。早速新しい靴が水の中へ・・・・。
山頂で休んでいる人を横目に(僕も少し休憩して)、モミジ台方面へ。

150711_2.jpgこの季節も、道がぬかるんでいましたが、周りにはオカトラノオとかが咲いていて、初夏の山という感じで堪能できます。
一丁平の手前で、大垂水方面へ。今回の山歩きで唯一ほとんど人と会わずにのんびり歩けた区間でした。
大垂水峠をこえて登りに入ると、結構登山者とすれ違うようになりました。トレイルランの人も多いので注意。大洞山、コンピラ山で休憩しながら中沢山へ。観音像を拝んで、ベンチで昼食。本当は、もう少し東に歩いた展望の良いところで食べれば良かったかも知れません。3枚目の写真が、2006年の山と高原地図で「展望よ」と書かれているあたりから、津久井、三ヶ木方面。

150711_3.jpgその後は、泰光寺山、西山、三沢峠とピークと谷を登ったり降りたりしながら、南側の街並みや、ダム湖を見ながら歩き続けます。三沢峠から草戸山のあたりは、城山湖のハイキングコースなどと重なり、賑やか。
下山は、草戸峠を越え、四辻経由で高尾山口までハイキングコースを歩いてきましたが、草戸峠から四辻までも小さいピークがいくつかあり、あるきごたえがありました。

夏の高尾山は久しぶりでしたが、水量の多い沢、花、杉林から雑木林といろいろ楽しめました。都心から近いと言うことをのぞいても改めて、高尾山は魅力の多い山だと思った山歩きでした。

高尾山口駅-15分-六号路入り口-60分-高尾山頂-20分-大垂水方面分岐-30分-大垂水峠-20分-大洞山-30分-中沢山-40分-泰光寺山-15分-三沢峠-20分-草戸山-50分-四辻-5分-登山口入り口-5分-高尾山口駅
合計5時間40分
タグ:高尾山
posted by コジコジ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

雁ヶ腹摺山・姥子山(山梨県大月市)

150613_1.jpg 大菩薩山塊の雁ヶ腹摺山は、以前の500円札の富士山の撮影地として有名な山。ガイドを読んで気になってはいたのですが、ガイドにあるように、アクセスが難しくこれまで足を向けていませんでした。
結局、最寄りの大峠に車を止めて、大峠−雁ヶ腹摺山−姥子山とピストンしてきました。
大峠から雁ヶ腹摺山の山頂までは1時間ほどの短いコースとはいえ、すでに大菩薩山塊の山深く入っているためいろんな表情がたのしめました。
ただし、曇ってしまい、富士山は見えず。前日、雨だったので期待したがダメでした。写真1枚目は雁ヶ腹摺山の山頂から富士山方面。


150613_3.jpg 樹林帯や岩のごろごろとした谷間。谷間を越える木道。白樺の林等々。さすがに大峠で1500mをこえているだけのことはあります。


150613_4.jpg姥子山は、雁ヶ腹摺山の木が生い茂るなだらかな山頂と一転して、岩がちな山頂。南側の展望はよく、こちらも大月市の秀麗富嶽十二景に選ばれている(もちろん、雁ヶ腹摺山も)。残念ながら富士山は見えませんでしたが、大菩薩南端の山並みと、大月の街並みを見ることができました(写真3枚目)。
このコースをピストンするのは、あまり良くないなーと思いました。できるならば、大峠から雁ヶ腹摺山、姥子山、金山峠を経由して、金山鉱泉、遅能戸まで歩くコースが確かに良いのでしょう。

大峠−(40分)−雁ヶ腹摺山−(50分)−姥子山−(65分)−雁ヶ腹摺山−(40分)−大峠
合計3時間35分
posted by コジコジ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

陣馬山―高尾山

150110_1.jpg今年も正月恒例の、陣馬―高尾山歩き&薬王院参りに行ってきました。いつものように、高尾から陣馬高原下までバスで行き。和田峠―陣馬山―明王峠―景信山―小仏城山―高尾山と歩くコースです。
今年も、バス停には行列、だったのですが、他の行き先に行く人も多くバスは割と空いてました。陣馬高原下の冷気はいつも通り。手がかじかむ寒さ。でも、今年は雪はありませんでした。
空気の冷えた陣馬山の山頂からは360度のパノラマ。富士と南アルプス(写真1枚目)


150110_2.jpg日差しは割と暖かく、午前中は風もなく、鶴ヶ鳥屋山に登ったときほど、凛とした冷たい空気ではありませんでしたが冬の澄んだ空気の中を歩くことができました。
 写真2枚目はシモバシラ。陣馬から行くと、景信山の手前で見つけました。いつもは一番綺麗な物が見れる小仏城山を高尾の方に下ったあたりではあまり大きな物は見れませんでした。寒さが足りないのかも知れません。


150110_3.jpg最後に、薬王院にお参りして、昨年、1年無事に過ごせたことを感謝し、今年の山歩きと交通安全をお願いして来ました。

陣馬高原下―60分―和田峠―20分―陣馬山―30分―明王峠―90分―景信山―40分―小仏城山―50分―高尾山―60分―下山口―10分―高尾山口駅
合計6時間30分
posted by コジコジ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

『鶴ヶ鳥屋山(つるがとやさん)』(大月市・都留市)

141206m1.jpg今日は、大月市と都留市の市境にある鶴ヶ鳥屋山に行ってきました。鶴ヶ鳥屋山は大月市の秀麗富嶽十二景にも、山梨百名山にも選ばれてはいませんが、なかなか楽しめました。
コースは中央線の笹子駅から船橋沢をのぼり、近ヶ坂橋、丸田へ下り、初狩に至るコース。
写真1枚目は丸田集落から見た鶴ヶ鳥屋山。


141206m2.jpgまずは、登りの沢。細い沢ですが何度か沢を渡り、沢と分かれる手前に小さな滝もあり楽しめます。
この季節は、落葉樹の葉はほぼ落ちているので展望がよく、登りの道からは滝子山が綺麗に眼前に迫ります。
鶴ヶ鳥屋山から本社ヶ丸、清八山へいたる尾根にとりつくと三つ峠方面が綺麗に。さらに、東へ歩くと富士山も顔を出します。写真2枚目は三つ峠と富士山。途中のピークから。
ただし、今日も北側斜面はうっすら雪化粧して、地面も固まり始めてきていたのでこれからの季節は要注意。


141206m3.jpgこれからの季節は要注意ですが、鶴ヶ鳥屋山付近はモミの木の植林があってこの季節には良いかもしれません。
山の中腹まで林道が通っているのが少し気分をそぎますが、その分、山は手入れされているかんじで、新緑や紅葉の季節も楽しめそうでした。

笹子駅-20分-林道終点-60分-林道交差-30分-尾根-50分-鶴ヶ鳥屋山-40分-林道交差-10分-唐沢橋方面分岐-30分-林道-50分-初狩駅 合計5時間10分

タグ:鶴ヶ鳥屋山
posted by コジコジ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。