2006年08月15日

『ゲド戦記』 宮崎吾朗 監督

『ゲド戦記』 宮崎吾朗 監督

 スタジオジブリの映画、『ゲド戦記』見てきました。

 正直なところ、感想に困っています。
 全体の大きな流れをなす、主題は分かったし、なるほど、そういうことがいいたいのね、と思うのですが、なんか、消化不良です。
 きっと、もうひとつ、ふたつ、重要なメッセージがあると思うのですが・・・。

 うーん。


posted by コジコジ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

『日本沈没』 樋口真嗣 監督

『日本沈没』 樋口真嗣 監督

 実は、私、夏休み中です。というわけで、とりあえず、映画を見てきました。
 いわずとしれた、小松左京氏の大ベストセラー、『日本沈没』が、33年ぶりにリメイクされた。監督は、『ローレライ』の樋口真嗣氏。主演は、草なぎ剛氏と、柴咲コウ氏。

 小松氏の『日本沈没』は、僕の以前のブログを参照(下)してもらうとして。
 小松氏の作品があまりにも壮大なため、映画には、全然期待していなかった。
 でも、予想より、良かったです。いろいろ、言いたいことはあるし、それは違うだろ、と言いたい部分もある。でも、日本が沈没するという原作をベースに、新しい日本沈没像をつくろうとしていた。変に、原作を追うより良かったと思う。ただ、そのメッセージというか、情報が良いかというと、やっぱり、疑問もあるけど。

 追記 やっぱり評価、下げます。色々考えてみると、この作品、SFというにははばかられます。科学に対する誤解を生みそうです。


小説『日本沈没』 6/16のブログ
枯れっぺさんの映画『日本沈没』感想


posted by コジコジ at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

『春の雪』 行定勲

『春の雪』 行定勲 監督

 三島由紀夫の同名の作品の映画。昨年、公開された。劇場では見損ねたので、DVDを借りてきて見ました。

 やっぱり、この作品の映画は難しいのかな。というところが、率直なところです。主役二人の微妙な関係は良かったかと思います。でも、この物語が含んでいる深い宗教的な部分はやっぱり、描くの難しいのかな、と思いました。あと、映像が、なんとなく大正時代っぽくないんですよね(劇場で見たら違ったのかもしれないけど)。
 原作を知っていると、いろいろ欲の出てしまう映画でした。


『豊饒の海』四部作 三島由紀夫 2005.10.8〜10.14 のブログ
http://www.doblog.com/weblog/myblog/54284/1953581#1953581

posted by コジコジ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

『義経』 NHK大河ドラマ

『義経』 NHK大河ドラマ

 この前の日曜日、NHK大河ドラマ、『義経』が最終回を迎えた。僕、ほとんどドラマは見ないんだけれど、大河ドラマだけは見るようにしていて、今年も1年間だいたい見てきた。

 源義経は、悲劇のヒーローとして取り上げられることが多い。今回の大河ドラマではそういう雰囲気はあまりなくて、最期も全てをさとって安らかな最期を迎えたというイメージで描かれていました。こういう部分は見ていて、いいなぁ、前向きにだなぁ、と感じました。
 源義経の生き方、考え方は、ストレートで一本気で、見ていて心を打たれる所もあった。でも、次の一歩、具体的に何をするんだ、というところで、源頼朝がやっぱり、秀でていたんだろうなぁ、と感じました(一般論かもしれないけど)。義経が平清盛を思い浮かべながら最期を迎えるシーンがとても象徴的だったように思います。


24日、25日に、総集編が放送される予定です。


posted by コジコジ at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

『水百景』テレビ東京

偶然ついていた、テレビを見ていると緑豊かな渓流の映像が。
どこかで聞いたことがある滝も紹介されていた。

後から、調べてみると、テレビ東京『水百景』という5分スポット番組だった。
清涼感あふれる番組でなかなかおすすめだ。

posted by コジコジ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

映画『いま、会いにゆきます』 土井裕泰 監督

映画『いま、会いにゆきます』 土井裕泰 監督(原作 市川拓司)
今更ながらですが。劇場では見損ねてしまって、DVDのレンタルを待ちようやく話題の作品を見ました。
結構好きです『いま、会いにゆきます』(5点満点で★4つかな) 。
僕、SF(サイエンスフィクション)が好きなのですが、『いま、会いにゆきます』 はSFの王道からすると、物語の順番がたぶん違うんです。最初に来るべエピソードが途中に挿入されていて、の様な感じです。なので(と自分では思っているんですが)、どうも見ていて違和感があったのです。
ところが、終盤の展開がとっても良くて、「ああ、こういう事だったんだぁ」と頭のなかでドミノがバタバタ倒れていくように物語がクリアーになって、一気に物語に入っていってしまいました。
こんどは原作も読んでみようかな。


posted by コジコジ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。