2013年01月12日

『未亡人の一年』 ジョン・アーヴィング 新潮文庫(上下)

 今のアメリカを代表する作家の一人、アーヴィングの本。アーヴィング氏の本は何冊か読んでいるのですが、僕のお気に入りは『ホテル・ニューハンプシャー』それに加えて、この『未亡人の一年』もお気に入りになりました。
 アメリカの街と、妙に生々しいオランダの街で繰り広げられる「未亡人」のお話。家庭教師、交通事故、娼婦、いろんなエピソードがつながって1つの物語を作り上げる、少し長いけど、ゆっくりのんびり読みたい小説。
 (2012年7月21日)
posted by コジコジ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

近畿旅行3日目

120430_1.jpg近畿旅行も3日目で、今日は古都奈良・高野山を観光して紀伊田辺を目指します。
大和郡山からいったん南東に進路を取って、明日香方面へ。崇神天皇陵を横目に見て、談山神社へ(写真1枚目)。まだ、遅咲きの桜が咲いていてきれいでした。ここは、大化改新を打ち合わせした場所を伝えられています。



120430_2.jpg続いては、石舞台古墳。明日香に来たら、ここだけは、と思っていた場所です。古墳は、中にも入れて驚きでした。明日香は、いろいろな古墳があるので、自転車で巡るのよいみたいです。次回は、ゆっくりと回りたいなぁ、と思ったり。
続いての目的地は高野山ですが、せっかくなので、葛城の山々を眺めつつ南下。

高野山を甘く見ていました。もっと簡単に行けるのだろうと思っていたら、かなり山深いところに位置していて、普通の車でもなかなか手こずるみちを進んでようやく到着。大型バスはかなりしんどそうです。




120430_3.jpg写真3枚目は金剛峯寺の主殿です。500円で内覧できて、豪華な枯山水の庭がみれて、お茶(お茶菓子付き)をいただけて、お坊さんの簡単なお話まで聞けました。
 主殿に登った後に、山門やいろいろな建物を見て回りました。残念ながら、奥の院に行く時間がなくなってしまったので、ここもまた来たい所です。

続いて、高野龍神スカイラインで龍神温泉へ。スカイラインは、まずは標高をぐんぐん上げていきます。標高の高いところはまだ冬枯れ。標高が下がるに従って、桜が咲き始め、新緑の山となる。この日はあいにくの雨交じりで、先を急いでいた、ということもあるので、なかなか楽しめませんでしたが、このスカイラインをゆっくりドライブするだけでも楽しめそうです。

その後、秘湯、龍神温泉で温泉につかって、田辺市へ。この龍神温泉に泊まるのもおもしろそう。田辺市泊。
駅前の、クラスティークラブ(KRUSTY KRAB)というところで、地元の牛を使用したバーガーを食す。なかなか、雰囲気のよいお店です。お酒の飲めない一人旅の私でも入りやすい感じでした。
posted by コジコジ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

賀正

index.jpg 旧年中は、ホームページ、ウェブログにきていただきありがとうございました。
 
 昨年は忙しさを理由にして、満足のホームページ、weblogを更新できずにすぎてしまいました。本年もその状況は変化しそうもありませんが、「たかが趣味。されど趣味」少しでも、私の見た世界を伝えて行ければと思っております。
 
 昨年、長い休みをいただけたので陸前高田にも行く事ができました。十分役にたてたかはわかりませんが、自然の力の前に、あまりにも小さい僕らの力を目の当たりにすることができました。そういう、新しいインプットも自分に入れながら、少しずつ「青空の夏休み」を続けていきたいと思います。
 
 もし、更新が滞りましたらぜひ、叱咤激励もいただければと思います。
 
 本年もよろしくお願いします。    

2012.1.1. コジコジ
photo. 2011.9.24 清里にて
posted by コジコジ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東北の地震について

今回の地震で被災された方には言葉もありません。

今回の地震の被災地は、僕が好きな地域で何度も訪れた場所もあります。
昨年の連休に車で旅行してきた地域でもあります。
多くの方とふれあう、という形の旅行ではありませんでしたが、旅先でお世話になった方、言葉を交わした方もおり、そういうなんとうか、自分の身近に想像できる方が、被災されたと思うと、やはり、何ともいえません。

一刻も早く、被災地が復興されていくことを願っております。

2011.3.13 コジコジ

微力ではありますが募金という形でも協力させてもらいました。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin
posted by コジコジ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

HAPPY NEW YEAR

index.jpg旧年中は、ホームページ、ウェブログにきていただきありがとうございました。
 
 昨年は本格的にホームページ「青空の夏休み」を始めて10年という節目の年でありました。このような長い間インターネットという流れの速いところで情報を発信続けられてきたことは大変ありがたく、いつも来ていただいている方に感謝しております。
 
 また、10月にはそれまで利用していたinfoseekの無料ホームページサービスが終了し、別の場所に青空の夏休みを移転する事となりました。
 インターネットの流れの中で、ホームページという情報発信方法は少し古くなっているのかもしれません。
 一方で、昨年はTwitterが大きく広まりました。「青空の夏休み」はこれまでホームページとweblogで展開してきましたが、Twitterとの連携も考えないといけないのかもしれません。
 「青空の夏休み」は、写真館と文章の場所なので、さて、なにをつぶやきましょうかね。なんて言うことを考えていたりします。
 
 ますます流れが速くなっていくと、思ったのですが、Twitterって、巨大なチャットと考えれば、螺旋階段を上がるようにインターネットの世界も回っているのかもしれません。
 っと、とりとめがなくなりそうですが、今年もインターネットという巨大な雲のなかで少しずつ何かをできればと思っています。
 本年もよろしくお願いします。    

2011.1.1. コジコジ
photo. 2010.5.2 青森県八甲田山麓


posted by コジコジ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

『緑の家』 バルガス=リョサ

『緑の家』 バルガス=リョサ 木村榮一訳 岩波文庫(上下)

 今年のノーベル文学賞を受賞したバルカス=リョサ氏。ラテンアメリカの作家だ。
 ま、こういうblogも書いて文学屋を気取っているわけだし、最近、読む本の物色になかなか困っているので、賞を受賞した作家の本に飛びついてみました。

 ところが、この『緑の家』そんな簡単に読める本ではありませんでした(僕の読解力がたりないだけかもしれませんが)。ラテンアメリカの人々の暮らしがジグソーパズルのようにちりばめられているのです。
 小さいそれぞれのエピソードは面白い。小さな街の話あり、アマゾンの密林の話あり。そして、それらが複雑に絡み合って大きな物語を作り上げている。
 「なんとなく」非常に面白い本だ、という感想はもてるのですが、残念ながら詳細に語ることは出来ません。おそらく、2、3回通して読んでこの本のおもしろさは分かるんじゃないかな、と思います。
11月21日読了
posted by コジコジ at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。