2015年07月27日

山口・島根旅行(3日目)

150727_1.jpg今回の旅行も3日目。この日は萩を観光して、山陰本線で温泉津温泉(ゆのつ温泉)へ移動します。東萩の駅を13:54に出発予定。
なんとか、台風の雨も上がり、宿から駅に移動して自転車をレンタル。1時間200円。スマイル貸自転車。
松陰神社・松下村塾(写真)は実は昨日行ってしまっていたので、スマイル自転車のおすすめに従い、桂太郎旧宅方面へ。の前に、松下村塾は立派な門があり、道場があり、いくつもの部屋がある立派な建物を想像していたのですが、2間の小さい建物。はじめの一歩はどこでも小さいのか。
さて、桂太郎旧宅へ。ぼくらは、けちってしまったのですが「萩市文化財施設一日券」を買って、いろんな建物を回るのもおすすめ。外側から眺めて、山縣有朋生誕地、ついで、明倫館へ。有備館が想像していた、松下村塾のイメージでした。


150727_2.jpgさらに、城下町へ。高杉晋作生誕地、木戸孝允旧宅などを(外側から)見学。さらに、城跡に近づいて、鍵曲へ(写真)。道をかくかくと曲げて、敵の侵入を少しでも遅くしようという作り。古い街の入り口(たとえば、木曽の妻籠とか、馬籠とか)でも見られるが、ここは、家老などの重要人物の屋敷を守るためだという。明治以降重臣の屋敷はこわされ、夏みかん畑になっているという。


150727_3.jpg街の北西に位置する、萩城跡(写真3枚目)。古い街の最後の観光はやはり、城跡。後ろに、指月山という山が控えるの特徴的(山にも城があったという)。その後ろは海。城の近くの、夏みかん工房でお土産を買い込み、お昼を食べに、道の駅にもなっている「萩しーまーと」へ。
漁港の隣の道の駅で、魚がおいしそう。僕らは浜料理「がんがん」で昼食。私は海鮮丼。海のお土産も買い込んで、東萩の駅へ。うっかり、反射炉により忘れていたのは後で気づくのですが・・・。

東萩からは、かなり本数の限られた山陰本線にのり一路、益田駅へ。ワンマンの、ディーゼルカー(キハ47−2両編成)。観光客含め、思ったより人が乗ってます。
車窓の青い海を楽しんだり、お菓子を食べたり、それぞれ適当に過ごして、益田で乗り換え。車両はキハ120と新しくなったが、1両編成。日本海を眺めながら、浜田へ。浜田で乗り換え。ここからは、2両編成。
温泉津(ゆのつ)で降りたのは、僕らの他にもう一人。
駅前には、大田市の生活バス(といっても10人乗り程度のワゴン車)がすでに待機。貸し切りで案内をききながら、温泉街までのんびり5分くらい。
今日の宿は、山形屋さん。宿と街の説明は明日の分にします。
posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423279258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック