2008年05月18日

石神井川 源流周辺

おなじみなってきた、川散策。
今回は、石神井川を歩いてきました。石神井川は、小金井公園の北側の小平市を上流端として、北区堀船で荒川に合流している。石神井公園が有名なので、この川も有名だと思う。

今日は、武蔵小金井駅から北に向かい、小平市鈴木町へ。鈴木町にある鈴木小のあたりが元々の水源地といわれている。この近くに、「鈴木遺跡資料館」という小さい資料館がある。鈴木遺跡とは旧石器時代の遺跡で、世界でも最も古い部類の磨製石器が発掘されたそうです。


写真

かつての源流部あたりを散策。
写真一枚目は、畑の中を行く田無用水。

現在の石神井川の源流はよくわかりませんが、おそらく、小金井カントリークラブの中ではないかと、思われます。

写真2枚目は、「上流端」近くの小金井公園の池。
緑が目に眩しい。

写真

小金井公園を離れると、すぐに多摩湖自転車道路をくぐります。
 写真3枚目は、多摩湖自転車道路から見おろした石神井川。まだ、ほとんど流れはありません。
 その後、コンクリートに固められた四角い川が住宅地を行きます。今日は、途中の田無駅付近までを散策。




写真

posted by コジコジ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。