2024年03月02日

二十六夜山(山梨県上野原市 972m)

240302_1.jpg旧秋山村の二十六夜山(秋山二十六夜山)へ行ってきました。桂川沿いの山は登りつくした感じがあり、電車とバスで行ける山で少し雪が残っていて、ということで「山と高原地図(2023年版)」でコースになっていた二十六夜山へ。ただ、展望もないらしく、冬に行く山ではなかったかもしれません。。。
 上野原から1日1本のバスで、浜沢へ。そこから、二十六夜山へ登り、尾崎へ下山。さらに、寺下峠から柳川へ下るルートとしました。
 バスを降りると、おいしそうなお饅頭屋さんがありましたが、今回はパス。今度来たときは買いたいところです。
キャンプ場を突っ切って登ると、鹿フェンス沿いに指導標がありますが、これはパスして車道を進んだ方が登りやすいです。車道終点から鹿フェンスを開けて、登山道へ。急登です。しばらく行くと雪の残りが多くなってきたので、軽アイゼンを装着。木々の向こう側ですが、南アルプスが見れました。



240302_2.jpg途中分岐がありますが指導標に従い、二十六夜山方面へ。少し岩がちなところを登り、緩やかになり、分岐を進むと三角点のある山頂。分岐から山頂のあたりが5~10cmの雪が残っていました。広葉樹が多い一体なのでやはり、新緑か紅葉の頃に来るのがよさそうです。
尾崎への下山は先日の雪のためか、スギなどの倒木や枝が結構落ちていてやや歩きにくいところがありました。



240302_3.jpg尾崎から寺下峠へ向かいますが、登り口に指導標がなくわかりにくいですが、大曲橋を渡ってすぐから登ります。沢沿いを登りますが、こちらもやや倒木などあり。最後急登すると、寺下峠です。寺下峠では、尾根道の指導標はありますが、塩瀬へ下る道の指導標がありません。倉岳山方面の道から、ちょっと右にある道でくだります。踏み跡はしっかりしていますし、途中からは指導標も豊富です。ただ、途中ザレ場のようなところが続くので要注意です。また、沢沿いの道も少々荒れていて、道が不明瞭で、私は少し迷ってしましました。解説の本や地図をしっかり見ながら下る必要がありそうです。

冬らしい、山を歩けて、少し雪道も歩けて良かったですが、富士山が見えないのと、広葉樹が豊富なので新緑か紅葉の頃もよさそうです。

浜坂-100分-二十六夜山-70分-尾崎-45分-寺下峠-65分-塩瀬(登山口)-30分-柳川駅
合計5時間30分
posted by コジコジ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする