2023年07月29日

立山(富山県立山町 3015m)

230729_1.jpg縁あって富山方面へ出かけていたので、立山黒路べアルペンルートを活用すると日帰りできる立山へ行ってきました。室堂から一ノ越へ。一ノ越から雄山、大汝山(おおなんじやま)を往復、浄土山によって、室堂へ下るルートとしました。
立山ロープウェイは事前に予約。6時台のケーブルカー立山駅は、剣岳に登りそうなすごい人たちなどでにぎわっていました。バスを乗り継いで室堂へ。団体バスできた人たちを含めこちらもすでに多くの人が。これから上る立山を見ながら(写真1枚目)遊歩道を通り、一ノ越へ。途中、10mくらいの雪渓を渡りましたが、一ノ越までは遊歩道で歩けます。


230729_2.jpg一ノ越から、登山道。もうすでに、多くの方が登っているので周りの人のペースを見ながらゆっくり登ります。周囲の山々や、室堂平が一望。しかし、すでにあちこちから雲もわいていました。
 ほどなく、雄山の山頂。お札を購入し、本社でお祓いを受けます。大汝山へ足を延ばすと、すこし人も減ってのんびり歩けます。雄山を経由し、一ノ越へ戻ります。


230729_3.jpg一ノ越から浄土山方面へ。富山大の研究所が建つ分岐まではそこそこの傾斜で登りますが、その先は緩やかな傾斜が続きます。周囲の眺めや高山植物を眺めが歩きます。戦国時代の城の石垣があるのは軍人霊碑。その手前で、左に折れ下山路に入ります。かなり大きな岩がごろごろするところを下ります。浄土山登山口から先は再び、遊歩道。遊歩道を経由し室堂のターミナルへ。

 約2500mから登り始められるので3000mまでの高低差も500mほど。それでいて高山植物や見事な展望が見られるお買い得(?)な感じのルートでした。ただ、室堂のターミナルでしばらく休んで、バスに乗ると、雨が降ってきました。やはり、3000m級。夏場の午後は天候が崩れやすいのは要注意。

室堂ターミナル-50分-一ノ越-40分-雄山-20分-大汝山-20分-雄山-50分-一ノ越-50分-浄土山-25分-浄土山登山口-30分-室堂ターミナル
合計5時間30分
posted by コジコジ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする