2022年08月12日

三頭山 東京都西多摩郡檜原村 1531m

220812_2.jpg檜原村と書きましたが、山頂一帯は、東京都西多摩郡奥多摩町、東京都西多摩郡檜原村、山梨県上野原市、山梨県北都留郡小菅村にまたがっている山になります。山の日と土曜日の間、そこそこ標高があって(暑すぎず)、コースタイムも長くなく、日帰りでアクセスも良いところ、という所でよく行く三頭山へ行ってきました。
うっかりしておりましたが、行くまでの間、サマーランド渋滞があるのでサマーランド前の交差点は避けるべきでした。八王子IC方面からだと、東秋留橋や東秋川橋経由などでしょうか? また、秋川街道も川遊びなどで混みますがこちらは逃げられないですね。電車バスの場合も、武蔵五日市からのバスはかなり混むし、遅れそうですね・・・。
さて、都民の森です。森林館でいろいろ情報収集もできます。クマ鈴とかも借りられるようです。身支度を整えて、木材チップの敷き詰められたセラピーロードを進みます。写真1枚目は、そこで見つけたヤマホタルブクロ。



220812_1.jpgさて、書き忘れていましたが、今回のコースは、森林館からセラピーロードを通り、三頭大滝。滝から、石山の道、深山の道を通り、ムシカリ峠から三頭山、鞘口峠(さいぐちとうげ)から森林館へ下るコースとしました。余裕があれば、生活の森コースの砥山へも行こうかと思ったのですが、天候が心配になったので今回はパスしました。
緩やかなセラピーロードを行くと、三頭大滝(写真2枚目)。ここから、沢沿いの道となり、しばらく行くと沢を外れて、尾根道となります。以外にこの尾根道が長い。途中、昔の散策路への分岐が2か所ほどありますが厳重にふさがれているの間違えることはないと思います。西原峠への分岐路を三頭山方面にとり、しばらく行くと大沢山。三頭山までの高低差は50mほど。と思うと、50mくらい下ります。避難小屋が見えると、ムシカリ峠。ここから登り返して、三頭山の西峰に到着。開けていて休憩する人も多いところです。条件が良ければ富士山も見えるところです。私もここで休憩。



220812_3.jpg雨がぽつぽつしてきたので、あまりのんびりせずに、中央峰、東峰へ。中央峰のあたりにも少しベンチがあり休みめます。東峰は展望台があります。ここからの景色もいいですが、今日はあまり見れず・・・。
鞘口峠までの間は、「登山道」と「都民の森推奨の道」があります。私も途中までは推奨の道で。見晴小屋などもありまずまず歩きやすいコースです。写真3枚目はたぶんそのあたりで撮った写真。うっすら霧がかかりながらも多摩方面が見えています。途中からの杉の木立もなかなか見事。鞘口峠まで来ると、森林館まではよく整備されて道を下ります。森林館もいろいろな人が集まっていますし、駐車場も、自転車、バイク、車を楽しむ人、山登りの人など相変わらずにぎわっていました。
私は、森林館でもらって割引券をもって、数馬の湯でくつろいでから帰宅しました。


駐車場-25分-三頭大滝-50分-西原峠分岐-10分-大沢山-20分-三頭山(西峰)-55分-鞘口峠-15分-駐車場


posted by コジコジ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

仙丈ケ岳 3033mm 山梨県南アルプス市・長野県伊那市

220802_1.jpg南アルプスの女王といわれる仙丈ケ岳。関東に住んでいると正直あまりなじみのない山ですが、いろいろ山にぼっているといってみたい山になってきます。南アルプス林道の広河原〜北沢峠は2019年の台風19号で被害を受けて以来まだ開通してないので、今回は、伊那市のあたりに前泊して、日帰りで行ってきました。
仙流荘からバスで50分ほどで北沢峠へ。2019年に甲斐駒ヶ岳へ登った時以来。ここの森の感じがすでにいいです。
今回のルートは、薮沢コースから上り、小仙丈を経由して、下山するコース。
北沢峠から、大平山荘へ少し下り、森の中を歩き始めます。苔むしてシダが生えているのは北沢峠付近らしい景色。しばらく進むと、薮沢の沢沿いに出ます。岩がごつごつした中を登りますが、沢を渡る風は涼しくいい感じに標高が稼げます。



220802_2.jpg薮沢の途中から花も増えてきます。写真2枚目は、馬の背ヒュッテあたりの、植生保護の柵の向こうの花たち。このあたりで森林限界を超えて、ハイマツの中を歩きます。薮沢の途中からもそうですが、時折見える、甲斐駒ヶ岳も見事。しばらく進むと、仙丈小屋の向こうにカールと仙丈ケ岳が眼前に広がります。この景色も見事。
仙丈小屋から山頂までの上りは少々きついですが、まだわずかに残っていた雪渓や花々を見ながら登ります。山頂からは、近くの甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、北岳をはじめ、富士山、中央アルプス、八ヶ岳など見事なパノラマが見れます(すみません写真なしです)。



220802_3.jpg小仙丈までアルペン的な山歩きを楽しみます。途中のハイマツの森も見事。小仙丈からは、小仙丈カールを楽しみます(写真3枚目)。かつて氷河が削ったといわれるこのカールたちは見事です。小仙丈からは、長衛小屋前のテント場がわずかに見えます。結構近いな、と思いながら、ハイマツ帯を下っていくと、次第に、木立が大きくなり、林の中へ。木立の中をのんびり下ると、次第にコケやシダも目立つようになってきて、北沢峠へと帰りつきます。こちらの尾根道には1合目からの看板もたっていてどこにいるかわかりやすい。
こもれび山荘でアイスを食べている人が多かったので、私も、買って、バスの時間を待ちながら楽しみました。

沢あり、花あり、見事な展望あり、南アルプスの女王は楽しい山でした。

北沢峠-15分-大平山荘-125分-馬の背ヒュッテ-75分-仙丈ケ岳-50分-小仙丈ケ岳-50分-大滝の頭-80分-北沢峠
合計7時間


posted by コジコジ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする