2020年08月11日

笠取山 1953m(山梨県甲州市、埼玉県秩父市)

200811_1.jpg多摩川の源流の山。また、山域には多摩川、富士川、荒川の分水嶺もある、水源の山。
国道411柳沢峠からしばらく東京方面に行き、林道を行った一ノ瀬、作場平口から周回してきました。2020年8月現在、一ノ瀬林道の東京側(おいらん淵付近)は通行止めになっていました。

作場平口-ヤブ沢峠-笠取小屋-分水嶺-山頂-水干によって-黒えんじゅ尾根から中島川口へと周回。




200811_2.jpgヤブ沢峠までは涼しげな沢沿いを登っていきます。昨年の台風のためか、なん箇所か道が付け替えられているところがあるので少し注意です。尾根に出てしばらく上ると、笠取小屋。小屋を過ぎると草原が広がります。(写真2枚目)
草原の途中に分水嶺があり、その手前あたりから、笠取山の山頂もきれいに見えてきます。山頂直下は急坂なので、やる気をそがれるような気もしますが。

 山頂からは、大菩薩はくっきり見えました。富士山も見えるはずです。奥秩父方面からも雲がわいてきていてそちらの展望はあまりありませんでした。山梨百名山の碑のある西側の山頂と、環境省の碑のある東側の山頂と、間にもピークがあります。



200811_3.jpg山頂を東側へ下り、水干へ寄り道。水源は少し下ったところにあるようでしたが、今回はいきませんでした。少し戻って、中島川口方面へ下っていきます。いろいろな木々の間を通り、沢を渡ったり、しながら下っていきます。一休坂方面への分岐を過ぎるとほどなく、中島川口です。林道を作場平口へともどります。


作場平口-25分-一休坂分岐-35分-ヤブ沢峠-15分-笠取小屋-15分-分水嶺-20分-山頂-25分-水干-5分-分岐路-30分-黒エンジュ-40分-馬止(一休坂方面分岐)-10分-中島川口-25分-作場平口
合計4時間30分




posted by コジコジ at 19:00| Comment(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

高尾山−草戸山

200803_1.jpg家の近くでトレーニング。というわけで、高尾山界隈へ。高尾山から、一丁平を経由し、大垂水峠、大洞山、草戸山から、高尾山口へ戻ってくるコースを歩いてきました。
高尾山は好きな6号路で山頂直下まで。コース沿いにはヤマアジサイがまだ咲いていました。
さすがに夏場なので富士山は見えませんでした。一丁平方面へ進むと、オオバギボウシなども咲いていました。



200803_2.jpg一丁平から大垂水方面へ。6号路もそうでしたが、梅雨の雨が多かったせいか、湧き水の水量が多いようでした。
緑も鮮やかで夏らしい感じです。
写真3枚目は中沢山あたりから見た津久井湖方面。




200803_3.jpg三沢峠から草戸山の間は城山湖のハイキングコースとも一緒になりますが、ここの上り下りもなかなかハードです。
草戸山からは、梅ノ木平方面へも下れますが、四辻・高尾方面へ向かいます。こちらはアップダウンがあるので最後まで少々きつい感じの山歩きになります。

低山なので真夏はきついですが、初夏など森林歩きが楽しめるかと思います。途中から、梅ノ木平へ下る道が何本かあるので、いろいろな歩き方もできるかと思います。ただ、梅ノ木平のバスは本数少なく、高尾山口まで歩くことになってしまうかと思うので注意です。


高尾山口駅-10分-登山口-70分-山頂-40分-一丁平-25分-大垂水峠-25分-大洞山-10分-コンピラ山-15分-中沢峠-35分-西山峠-20分-三沢峠-25分-草戸山-75分-四辻-10分-高尾山口駅
合計6時間30分
posted by コジコジ at 17:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。