2019年10月05日

甲斐駒ヶ岳

191005_9.jpg台風一過の晴天の中、甲斐駒ヶ岳へ行ってきました。
早朝に、芦安の駐車場からバスにのり、広河原で乗り換え、北沢峠で下車。北沢峠から仙水峠、駒津峰、山頂、駒津峰、双児山、北沢峠と回るルートで歩いてきました。(写真1枚目は駒津峰から見た駒ヶ岳と、摩利支天。


191005_7.jpg北沢峠から仙水小屋までは緩やかな登り。仙水小屋を過ぎると岩がちな道を進むと後ろに仙丈ヶ岳が見えてきます。仙水峠につくと駒ヶ岳と摩利支天が大きく姿を現します。再び樹林帯になって、いつしかハイマツの中を歩くと、駒津峰へ。ここからも、駒ヶ岳と摩利支天が見事。すでに遠くの山々も見通せます。
 やせた尾根(写真3枚目は山頂からの帰りに撮った駒津峰と六方石の間)を進み、六方石からは巻道ルートを選びましたが、直登ルートを進む人も結構いました。山頂で話していた人の話を聞くと直登でも難しい所は数カ所の様です。
 巻道ルートは、駒ヶ岳の白い花崗岩の上を進みます。目で見るよりも勾配がきつく途中進むのがしんどいですが、山頂は目の前に見えてきます。
 祠のある山頂からは360度の大展望も楽しめました。写真はわかりにくいかも知れませんが左は鳳凰三山と富士山、右は北岳です。


191005_8.jpg白い花崗岩の上を進み、再び駒津峰へ。駒津峰の周辺は紅葉が綺麗でした。帰路は、アルペン的な雰囲気のある道を通り、双児山へ。双児山からはジグザグの樹林帯を進んで、北沢峠へ。

 好天の予想の週末と言うことで、広河原行きのバスが混んでいたのがまず疲れました(5時15分発の30分前ですでに立ち席)。きつい登りもありますが、甲斐駒ヶ岳独特の白い花崗岩の上を歩いたり、素晴らしい展望や、紅葉を見ることが出来、良い山行きになりました。

北沢峠-10分-長衛小屋-30分-仙水小屋-30分-仙水峠-75分-駒津峰-50分-摩利支天分岐-30分-山頂-25分-摩利支天分岐-50分-駒津峰-35分-双児山-70分-北沢峠
合計7時間30分
合計
posted by コジコジ at 19:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。