2015年07月29日

山口・島根旅行(4日目、5日目)

150728_1.jpgこの日はその街並みが、石見銀山とともに世界遺産に登録されている温泉津(ゆのつ)から始まります。温泉津の温泉は奈良時代からとも言われていますが、港が石見銀山から産出される銀の積み出しに使われたことから、世界遺産とされています。かなりひなびたところですが、世界遺産登録直後は多少賑わったようですが、今では落ち着いてしまったようです。ただ昔ながらの温泉を味わいたいならおすすめの温泉地です。内湯の宿あり、共同浴場あり、多少、お土産屋さんとか食堂もあり。のんびり、港や昔の街道を歩くのも良いかも知れません。本当はもう少しゆっくり滞在すれば良かったのですが、山陰本線で石見銀山の入り口となる大田市駅(「おおだ」と濁ります)へ。ここからバスに乗り換えて、石見銀山へ。


150728_3.jpg大森でバスを降りて、まずは羅漢寺へ。洞窟の中に掘られた五百羅漢を見学。ついで、見学しやすい、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)へ向かいます。間歩は、鉱山の掘り口の事で、石見には600以上あるとのこと。緩い山道を登ってきますが、途中、寺や神社が多い。昔の賑わいのためでしょうか? 途中、清水谷製錬所跡へ。ここは、明治期に作られた新しい精錬所のようですが、迫力は十分でした。
さらに、しばらく登ると、龍源寺間歩の入り口。中は写真のような感じ。人が大きな坑道が一本続き細い坑道がいくつも分岐しています。かなりのスケールです。大きな間歩としては、他に、大久保間歩というのがあるそうなのですが、完全予約制で、金土日の営業。こちらも来てみたいところです。

山を下りたところにある、cafe住留(じゅーる)で牛すじのハヤシライス。こちらに来てから海鮮がメインだったのでなかなかおいしいです。

その後は、街並みをぶらり歩き。夏休みとはいえ、平日のためかのんびりとした雰囲気。いわゆる「観光地化」もあまりされておらず、渋い感じです。
ただ、大田市駅の観光案内所でもらった地図には、お店の名前がいくつか消されている所があり、最近閉じられたお店も多いようす。こちらも、世界遺産ブームが去ってしまったということなのでしょうか。
同行の友人と、せめて今でも少しでも銀がとれていればいろいろ体験などもできそうなのに、少し寂しすぎると言いながら話していました。バスで数分の所にある世界遺産センターの展示や体験(行ってないのでホームページ情報からですが)が、街並みの中でできると少しは良いのかな、と帰ってきてから思っております。

150728_4.jpg思ったより、早く銀山の観光を終えて(こんなことなら、温泉津でゆっくりすれば良かった・・・)、出雲市へ移動。この後は、寝台特急のサンライズ出雲で帰ります。
時間が余ったので、10年くらい前に同じメンバーで行った出雲大社へ。大社の門前が再開発でだいぶ綺麗になったようでした。広い境内と、太いしめ縄をしっかり見て、駅へ。
駅前の温泉で汗を流して、駅弁を買い込み電車へ。今回は、のびのび座席でしたが十分くつろげました。ただ、大きな荷物の人は寝台が良さそうです。車窓を楽しみながら東京へ。小田原を過ぎるあたりから通勤の景色を見ながら、現実に引き戻されながら、東京駅へと到着。


寝台特急を入れて、4泊の山口・島根の旅でしたが、予想以上に海が綺麗で海の物もおいしく。また、かなり古くから栄えた出雲、石見、萩と味わい深い旅行でもありました。首都圏から遠くなかなか不便な場所ではありますが、のんびりと旅をするにはおすすめの場所です。今度は萩が世界遺産ブームになりそうですが、一時のブームに終わらず、長く、多くの人が訪れると良いなと思います。
posted by コジコジ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

山口・島根旅行(3日目)

150727_1.jpg今回の旅行も3日目。この日は萩を観光して、山陰本線で温泉津温泉(ゆのつ温泉)へ移動します。東萩の駅を13:54に出発予定。
なんとか、台風の雨も上がり、宿から駅に移動して自転車をレンタル。1時間200円。スマイル貸自転車。
松陰神社・松下村塾(写真)は実は昨日行ってしまっていたので、スマイル自転車のおすすめに従い、桂太郎旧宅方面へ。の前に、松下村塾は立派な門があり、道場があり、いくつもの部屋がある立派な建物を想像していたのですが、2間の小さい建物。はじめの一歩はどこでも小さいのか。
さて、桂太郎旧宅へ。ぼくらは、けちってしまったのですが「萩市文化財施設一日券」を買って、いろんな建物を回るのもおすすめ。外側から眺めて、山縣有朋生誕地、ついで、明倫館へ。有備館が想像していた、松下村塾のイメージでした。


150727_2.jpgさらに、城下町へ。高杉晋作生誕地、木戸孝允旧宅などを(外側から)見学。さらに、城跡に近づいて、鍵曲へ(写真)。道をかくかくと曲げて、敵の侵入を少しでも遅くしようという作り。古い街の入り口(たとえば、木曽の妻籠とか、馬籠とか)でも見られるが、ここは、家老などの重要人物の屋敷を守るためだという。明治以降重臣の屋敷はこわされ、夏みかん畑になっているという。


150727_3.jpg街の北西に位置する、萩城跡(写真3枚目)。古い街の最後の観光はやはり、城跡。後ろに、指月山という山が控えるの特徴的(山にも城があったという)。その後ろは海。城の近くの、夏みかん工房でお土産を買い込み、お昼を食べに、道の駅にもなっている「萩しーまーと」へ。
漁港の隣の道の駅で、魚がおいしそう。僕らは浜料理「がんがん」で昼食。私は海鮮丼。海のお土産も買い込んで、東萩の駅へ。うっかり、反射炉により忘れていたのは後で気づくのですが・・・。

東萩からは、かなり本数の限られた山陰本線にのり一路、益田駅へ。ワンマンの、ディーゼルカー(キハ47−2両編成)。観光客含め、思ったより人が乗ってます。
車窓の青い海を楽しんだり、お菓子を食べたり、それぞれ適当に過ごして、益田で乗り換え。車両はキハ120と新しくなったが、1両編成。日本海を眺めながら、浜田へ。浜田で乗り換え。ここからは、2両編成。
温泉津(ゆのつ)で降りたのは、僕らの他にもう一人。
駅前には、大田市の生活バス(といっても10人乗り程度のワゴン車)がすでに待機。貸し切りで案内をききながら、温泉街までのんびり5分くらい。
今日の宿は、山形屋さん。宿と街の説明は明日の分にします。
posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

山口・島根旅行(2日目)

150726_0.jpgさて、旅行2日目は角島、秋吉台を巡ります。今回の旅行はできるだけ、公共交通機関を使おう、というコンセプトでしたが、2日目だけはレンタカーを借りました。新下関まで移動してトヨタレンタカーで、ヴィッツをレンタル。国道191号を北に向かいます。角島に一直線の予定でしたが、レンタカーやさんでもらった地図に「本州最西端」の文字が。ちょっと、「毘沙ノ鼻」へ寄り道。青い海ちょっとばかり突き出した本州最西端はのんびりしていました。(写真1枚目)


150726_1.jpgさて、気を取り直して、再び国道191で北へ。途中の車窓には青い海が続きます。案内標識に従い、県道275に入り少し走ると、角島大橋に到着(写真2枚目)。橋のたもとで記念撮影し、島を1周。橋自身も有名観光地となり、島も綺麗な海を観光資源として一気に賑わった様子。ただ、どの駐車場も有料のようで、灯台にも寄らずに戻ってしまいました。

再び国道191号に戻り青海島方面へ。青海島の本州側、仙崎漁港で少し早い昼食。入ったのは、白菊という食堂。スプリングがむき出しになりかけたソファーなんかを使っているお店ですが、おいしかったです。私はフライ定食。あと、みんなでイカの刺身。サービスで小魚の唐揚げなんかもつけてもらってしまって。


150726_2.jpgさて、おなかもいっぱいになったので、秋吉台へ。国道191から県道28へ。国道242に入りしばらく走ると広大なカルスト台地が。以前行った、四国カルストよりその広さに圧倒。「帰り水」の駐車場でまず写真撮影(写真2枚目)。近づいている台風の影響か、風が強く、雲行きも怪しい。足早に、秋芳洞へ。ふきっさらしの台地から一転、土産物屋さんのならぶ「観光地」。でも、秋芳洞は確かにすごい。奥多摩の日原鍾乳洞、福島のあぶくま洞、岩手の龍泉洞といろいろ見ましたが、洞内のひろさは一番だと思います。百枚皿もここならでは。
鍾乳洞を楽しんだあとは、お土産物やさんにつられて、ソフトクリーム。


150726_3.jpgさて、まだ2時過ぎ。萩に直行し宿に行くには少々早い。今回の日程をたてるときにいったんはあきらめた、SLやまぐち号を見に行くことに。山口市を経由し、長門峡(ちょうもんきょう)へ。後で知ることになるのですが、長門峡駅の日本海側にある鉄橋は有名撮影地だったようです。そうとは知らずに、他をうろうろしていて、時間がなくなり、もう少し駅の近くで撮影。

SLを撮った後は、萩へ。この日の宿は「芳和荘」という宿。昔、遊郭だったとか。いまでは、普通の旅館で、建物が萩市の景観重要建造物に指定されてます。建物がロの字型になっていて、中央部に見事な植木のある中庭があります。トイレがくみ取りだったりするので、皆さんにお勧めできる所ではないですが、昔の雰囲気を楽しむのにはおもしろい宿です。もっとお客さんが増えて、改装できる所は改装できると良いのですが・・・。
夕食は、宿の近くの季節料理「いずず」にて、刺身と天ぷら。昼は、うに丼で長蛇の行列ができるとか。この日は日曜日。日曜の夜はお客さんは少なく、女将さんの名物トーク(?)を独占できました。


posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

山口・島根旅行(1日目)

150725_1.jpg今年も少し早い夏休みを頂いて、いつものメンバーで旅行に行ってきました。今年は、国内。山口県と島根県を巡ってきました。関東からすると遠く不便な場所ですが、いろいろと魅力のある所でした。
工程は、羽田から、山口宇部空港へ。下関、角島、秋吉台、萩、石見銀山と回る計画。さて、どのような旅行になったのでしょうか?


150725_2.jpg1日目は、まずは東京からの移動。料金などなどでスターフライヤーを利用。山口宇部空港からは、バスで下関駅へ。ホテルに荷物を置いて−−プリンスホテルという名前でしたが、いわゆるプリンスホテルのチェーンでは無いようです−−、関門海峡の観光へ。
関門トンネルを歩いて渡り、門司港レトロ観光線で門司港、船で本州側へ帰ってくるというもくろみを立て、歩いて福岡県へ(写真)。ところが、門司港レトロ観光線の終電が終わっており、さてさて・・・。
結局、トンネルを歩いて戻り本州へ。おなかがすいたので、唐戸、カモンワーフの近くの「ふくの河久」で「ふくふく満足セット−ふく刺しぶっかけ丼、フライ、唐揚げ、ふく汁)」を食べる。フライが甘みがあり良い感じでした。


150725_3.jpgまだ、寝るには早い時間。目の前には門司港行きの船が。というわけで、関門汽船の船に乗って門司へ。街並みを眺めて、今度はJRで本州へ。結局、本州と九州を2往復。さらには、飛行機、バス、船、鉄道と4種類の乗り物を制覇という慌ただしい1日でした。


posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

高尾山から南高尾山稜

150711_1.jpg新しく買った、MerrellのPROTERRA SPORT GORE-TEXのならしをかねて、高尾山からモミジ台、大垂水峠、大洞山(おおぼらやま)、泰光寺山(たいこうじさん)、草戸山とぐるっと歩いてきました。
地の利(?)を活かして、7時前に高尾山口の駅へ。でもすでにそこそこ登山者がいました。高尾山へは好きな沢沿いの6号路で。あじさいが良い感じでした(写真)。一昨日までの雨のためか沢の水は多い感じでした。早速新しい靴が水の中へ・・・・。
山頂で休んでいる人を横目に(僕も少し休憩して)、モミジ台方面へ。

150711_2.jpgこの季節も、道がぬかるんでいましたが、周りにはオカトラノオとかが咲いていて、初夏の山という感じで堪能できます。
一丁平の手前で、大垂水方面へ。今回の山歩きで唯一ほとんど人と会わずにのんびり歩けた区間でした。
大垂水峠をこえて登りに入ると、結構登山者とすれ違うようになりました。トレイルランの人も多いので注意。大洞山、コンピラ山で休憩しながら中沢山へ。観音像を拝んで、ベンチで昼食。本当は、もう少し東に歩いた展望の良いところで食べれば良かったかも知れません。3枚目の写真が、2006年の山と高原地図で「展望よ」と書かれているあたりから、津久井、三ヶ木方面。

150711_3.jpgその後は、泰光寺山、西山、三沢峠とピークと谷を登ったり降りたりしながら、南側の街並みや、ダム湖を見ながら歩き続けます。三沢峠から草戸山のあたりは、城山湖のハイキングコースなどと重なり、賑やか。
下山は、草戸峠を越え、四辻経由で高尾山口までハイキングコースを歩いてきましたが、草戸峠から四辻までも小さいピークがいくつかあり、あるきごたえがありました。

夏の高尾山は久しぶりでしたが、水量の多い沢、花、杉林から雑木林といろいろ楽しめました。都心から近いと言うことをのぞいても改めて、高尾山は魅力の多い山だと思った山歩きでした。

高尾山口駅-15分-六号路入り口-60分-高尾山頂-20分-大垂水方面分岐-30分-大垂水峠-20分-大洞山-30分-中沢山-40分-泰光寺山-15分-三沢峠-20分-草戸山-50分-四辻-5分-登山口入り口-5分-高尾山口駅
合計5時間40分
タグ:高尾山
posted by コジコジ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。