2015年06月13日

雁ヶ腹摺山・姥子山(山梨県大月市)

150613_1.jpg 大菩薩山塊の雁ヶ腹摺山は、以前の500円札の富士山の撮影地として有名な山。ガイドを読んで気になってはいたのですが、ガイドにあるように、アクセスが難しくこれまで足を向けていませんでした。
結局、最寄りの大峠に車を止めて、大峠−雁ヶ腹摺山−姥子山とピストンしてきました。
大峠から雁ヶ腹摺山の山頂までは1時間ほどの短いコースとはいえ、すでに大菩薩山塊の山深く入っているためいろんな表情がたのしめました。
ただし、曇ってしまい、富士山は見えず。前日、雨だったので期待したがダメでした。写真1枚目は雁ヶ腹摺山の山頂から富士山方面。


150613_3.jpg 樹林帯や岩のごろごろとした谷間。谷間を越える木道。白樺の林等々。さすがに大峠で1500mをこえているだけのことはあります。


150613_4.jpg姥子山は、雁ヶ腹摺山の木が生い茂るなだらかな山頂と一転して、岩がちな山頂。南側の展望はよく、こちらも大月市の秀麗富嶽十二景に選ばれている(もちろん、雁ヶ腹摺山も)。残念ながら富士山は見えませんでしたが、大菩薩南端の山並みと、大月の街並みを見ることができました(写真3枚目)。
このコースをピストンするのは、あまり良くないなーと思いました。できるならば、大峠から雁ヶ腹摺山、姥子山、金山峠を経由して、金山鉱泉、遅能戸まで歩くコースが確かに良いのでしょう。

大峠−(40分)−雁ヶ腹摺山−(50分)−姥子山−(65分)−雁ヶ腹摺山−(40分)−大峠
合計3時間35分
posted by コジコジ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。