2018年02月10日

陣馬山−高尾山

180210_1.jpg今年は恒例の陣馬−高尾の山歩きが2月にずれ込んでしまいました(予定していた日に風邪をひいてしまった・・・)
結果的には大雪からしばらくしていって良かったかなと思います。
いつものように、陣馬高原下のバス停から、和田峠を経由して、明王峠、景信山、小仏城山、高尾山と歩いてきました。陣馬高原下から和田峠までの間の木には雪が残っていたり(写真1枚目)。


180210_3.jpg当日は、夕方から天気が崩れ、夜には雨の予報もありましたが、景信山で昼ご飯を食べている時までは富士山も見えていました。
写真は陣馬山から。傘をかぶっていて、天気が崩れそうな感じです。


180210_3.jpg高尾の登りまで雪が残っていて、ほぼずっとアイゼン付けっぱなしでした(少しアイゼンに頼りすぎたかなと少々反省はありますが・・・)。
雪道を歩けて富士山も見れて楽しい山歩きになりました。
最後は、薬王院で交通安全のお参りと、お守りを授かり下山しました。

陣馬高原下―50分―和田峠―25分―陣馬山―30分―明王峠―65分―景信山―45分―小仏城山―50分―高尾山―60分―下山口―10分―高尾山口駅 (合計6時間35分)

posted by コジコジ at 20:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

茅が岳

170729_04.jpg日本百名山の著者、深田久弥が死去した山としても有名な山。展望を楽しみにしてい行ったのですが、残念ながら雨交じりの天気。それでも、いろいろな花が咲いていて楽しめました。


170729_07.jpgコースは、茅が岳登山口の駐車場から茅が岳、金ヶ岳をピストンするコース。事前調査が不足していたのですが、金ヶ岳から明野の方に下山して、林道で駐車場に戻るという周回コースも撮れる様子。そちらの方が良かったかも知れません。
写真2枚目は茅が岳と金ヶ岳の間にある石門の写真。


170729_06.jpg高山植物の名前は調べていないのですが、10種類くらいの花を見られたんではないかと思います。富士山の展望も良いようですが、いろんな植物を見に行くのにも良いかも知れません。

茅が岳登山口の駐車場-55分-女岩-50分-茅が岳-50分-金ヶ岳-40分-茅が岳-45分-女岩-分-茅が岳登山口の駐車場 合計4時間15分
posted by コジコジ at 20:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

陣馬山−高尾山

170128_1.jpg今年も1月恒例の陣馬−高尾への山歩きへ行ってきました。昨年11月末に雪で自転車で転んで骨折してしまい、今年はいけるか?と危ぶまれたのですが、たいした骨折ではなく今年も山歩きに行ってこれました。
今年はいつの雪かわかりませんが、陣馬山周辺はまだ雪が残っていて雪景色も楽しめました。


170128_2.jpg今週前半は寒かったのですが、後半、温かくなってきたので遠景はどうかな?とも思っていたのですが、富士山〜南アルプスまで綺麗に見えました。昼すぎ高尾山頂についたときもまだ富士山が綺麗に見えていました。
ただ、今年もシモバシラ(氷花)は見ることができず残念でした。小仏城山周辺でさがしているのですが、すこしポイントを変えないといけないのかもしれません。


170128_3.jpg最後は、薬王院へお参りしてこの1年の交通安全を祈願してきました。今年は1月も後半なので薬王院の混雑は一段落している感じでした。

陣馬高原下―55分―和田峠―20分―陣馬山―35分―明王峠―60分―景信山―35分―小仏城山―40分―高尾山―60分―下山口―10分―高尾山口駅 (合計6時間15分)
posted by コジコジ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

今倉山・道志二十六夜山

161112_1.jpg富士山にほど近い都留市、道志村の今倉山と二十六夜山へ。富士急の都留市駅から道坂隧道(どうざかずいどう)へバスで行き、芭蕉月待ちの湯のある上戸沢へ下るコースで歩いてきました。
ガイドの通り、道坂隧道から今倉山までは急な登りが続きましたが、紅葉の木々を見ながら、時折開けた所から富士山や南アルプスを展望をしながらの歩き。写真は南アルプスの展望。


161112_2.jpg今倉山を越え、赤岩へでると360度の展望。残念ながら富士山は曇ってしまっていましたが、晴れていれば写真の御正体山の右側に富士山が見れるはずです。それでも、秋の陽を受けた山の尾根・谷がくっきり見え山深い雰囲気が味わえました。実はそんなに山深くなく、街並みも見えるのですが・・・。


161112_3.jpg赤岩も過ぎると、晴れてきて紅葉の木が間近に見えたりしてきました。林道を越えて二十六夜山へ。ここも周囲の伐採で富士山方面などが綺麗に見えます。
二十六夜山からは上戸沢方面に下りましたが、途中フィックスロープのある所などは足下がだいぶ悪く、落葉の下の木の根などで滑ってしまいました。要注意です。仙人水のあたりからは足下はだいぶ良くなりますが、暗い林の沢沿いを歩いて、集落に出ました。
芭蕉月待ちの湯へ向かって温泉で汗を流し、都留市の循環バスで富士急の駅へと戻りました。

往復とも本数の限られたバスになりますがその分登山道はのんびり歩け、展望良し、紅葉良し、コースは少々きついですがこの時期に登るのにはとても良いコースでした。

道坂隧道−20分−御正体分岐−45分−今倉山−35分−赤岩−40分−林道−20分−二十六夜山−70分−登山口−15分−芭蕉月待ちの湯
合計4時間30分
posted by コジコジ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

台北旅行 4日目

160806_1.jpgあっという間に台北旅行最終日。夕方の飛行機なので、台湾新幹線に乗ってみようということに。ホテルに荷物をおいて、台北駅へ。自動券売機で切符を買って、地下ホームへ。やってきた新幹線にのりこむと、日本の新幹線にそっくり。ただ、ポイント(分岐器)はドイツ、無線はフランスといろいろ入り乱れているとのこと。新竹までの30分ほどでしたが、250kmをこえる速度を味わえました。


160806_2.jpg
高速鉄道の新竹から連絡鉄道で、市街地の新竹駅へ。そこから歩いて城隍廟へ。ここも線香をもって深々と頭を下げる人々が多くいますが、その門前は飲食店で埋まってます。名物の貢丸(肉まんみたいな感じ)やビーフンを食しました。なかなか美味です。



160806_3.jpg
新竹からは在来線の特急(自強)で台北へ。こちらも多くの人が乗ってました。1時間ほど車窓を楽しんだり、うたた寝をしていると、台北駅。なぜか、台湾の電車は眠くなります。
ホテルで荷物をピックアップして松山空港へ。最後のお土産を買い込み機内へ。市内の空港は便利ですね。

あっという間の台北でしたが、大陸中国の北京、上海、あるいは、香港、マカオと比べ、より日本に近い雰囲気を感じました。物価もまだまだ安く、特に交通機関が安い、また、日本語は思ったより通じませんでしたが、英語が通じることが多く、わりと街歩きはしやすい感じでした。
今回は台北だけでしたが、南や東方面も行ってみたいところです。

posted by コジコジ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

台北旅行 3日目

160805_1.jpg台北旅行3日目は市内北西〜淡水方面へ。まずは、故宮博物館。中は撮影できないので写真は外側だけ。じっくり見たら1日はかかる博物館を2時間くらいでざっと眺めてきました。名物の白菜の形をしている翡翠は出張中で見れませんでしたが、石器類、書物類、陶器類などなどその種類と数には圧巻です。


160805_2.jpg士林駅近くで昼食を食べて、北投温泉へ。ここも昨日の十份、九份の様に賑わっているのかと思いきや、静かな温泉街でした。日本統治時代に作られたという温泉博物館−大浴場や畳の休憩室などいなかの古い温泉という感じでした−や、地熱谷−ここもあまり人はいなかったのですが、温泉が湧き硫黄のにおいが漂う山奥の源泉という感じで電車の駅からあるいて20分ほどでこんなになるとはおもわかなかった−を眺めた後、露天温泉浴地で露天風呂を味わいました。上から熱く、下に行くほどぬるく、上の方はゆっくりとは入れない熱さです。


160805_3.jpg北投温泉に入った後は、淡水へ。今日はMRT淡水線であちこちへという感じです。淡水川の河口付近の街。駅から少し歩いて、淡水老街と河濱道路を散歩。河濱道路はいろいろ試食とかももらえます。老街は古い建物がずらーっと建て並ぶという感じではなく、新旧の建物がいりみだれた商店街という感じ。


160805_4.jpg夕方からは再び士林へ。台北最大の夜市。17時頃についたので賑わいはまだまだという感じでしたが、市場の建物を中心に食べ物や服飾のお店や、お土産物やと多くのお店が建ち並ぶ。中心には慈誠宮というお寺もあったり。早めの夕食を食べて帰ろうとしても、ぞくぞくと観光バスから人が出てきてました。夜遅くまで賑わってそうな感じです。


posted by コジコジ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする