2020年08月11日

笠取山 1953m(山梨県甲州市、埼玉県秩父市)

200811_1.jpg多摩川の源流の山。また、山域には多摩川、富士川、荒川の分水嶺もある、水源の山。
国道411柳沢峠からしばらく東京方面に行き、林道を行った一ノ瀬、作場平口から周回してきました。2020年8月現在、一ノ瀬林道の東京側(おいらん淵付近)は通行止めになっていました。

作場平口-ヤブ沢峠-笠取小屋-分水嶺-山頂-水干によって-黒えんじゅ尾根から中島川口へと周回。




200811_2.jpgヤブ沢峠までは涼しげな沢沿いを登っていきます。昨年の台風のためか、なん箇所か道が付け替えられているところがあるので少し注意です。尾根に出てしばらく上ると、笠取小屋。小屋を過ぎると草原が広がります。(写真2枚目)
草原の途中に分水嶺があり、その手前あたりから、笠取山の山頂もきれいに見えてきます。山頂直下は急坂なので、やる気をそがれるような気もしますが。

 山頂からは、大菩薩はくっきり見えました。富士山も見えるはずです。奥秩父方面からも雲がわいてきていてそちらの展望はあまりありませんでした。山梨百名山の碑のある西側の山頂と、環境省の碑のある東側の山頂と、間にもピークがあります。



200811_3.jpg山頂を東側へ下り、水干へ寄り道。水源は少し下ったところにあるようでしたが、今回はいきませんでした。少し戻って、中島川口方面へ下っていきます。いろいろな木々の間を通り、沢を渡ったり、しながら下っていきます。一休坂方面への分岐を過ぎるとほどなく、中島川口です。林道を作場平口へともどります。


作場平口-25分-一休坂分岐-35分-ヤブ沢峠-15分-笠取小屋-15分-分水嶺-20分-山頂-25分-水干-5分-分岐路-30分-黒エンジュ-40分-馬止(一休坂方面分岐)-10分-中島川口-25分-作場平口
合計4時間30分




posted by コジコジ at 19:00| Comment(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

高尾山−草戸山

200803_1.jpg家の近くでトレーニング。というわけで、高尾山界隈へ。高尾山から、一丁平を経由し、大垂水峠、大洞山、草戸山から、高尾山口へ戻ってくるコースを歩いてきました。
高尾山は好きな6号路で山頂直下まで。コース沿いにはヤマアジサイがまだ咲いていました。
さすがに夏場なので富士山は見えませんでした。一丁平方面へ進むと、オオバギボウシなども咲いていました。



200803_2.jpg一丁平から大垂水方面へ。6号路もそうでしたが、梅雨の雨が多かったせいか、湧き水の水量が多いようでした。
緑も鮮やかで夏らしい感じです。
写真3枚目は中沢山あたりから見た津久井湖方面。




200803_3.jpg三沢峠から草戸山の間は城山湖のハイキングコースとも一緒になりますが、ここの上り下りもなかなかハードです。
草戸山からは、梅ノ木平方面へも下れますが、四辻・高尾方面へ向かいます。こちらはアップダウンがあるので最後まで少々きつい感じの山歩きになります。

低山なので真夏はきついですが、初夏など森林歩きが楽しめるかと思います。途中から、梅ノ木平へ下る道が何本かあるので、いろいろな歩き方もできるかと思います。ただ、梅ノ木平のバスは本数少なく、高尾山口まで歩くことになってしまうかと思うので注意です。


高尾山口駅-10分-登山口-70分-山頂-40分-一丁平-25分-大垂水峠-25分-大洞山-10分-コンピラ山-15分-中沢峠-35分-西山峠-20分-三沢峠-25分-草戸山-75分-四辻-10分-高尾山口駅
合計6時間30分
posted by コジコジ at 17:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

石割山(1413m)山梨県山中湖村都留市

200307_1.jpg山中湖の北側にある石割山。富士山の展望がよさそうな、冬場に行きましたが、残念ながら天気がすぐれず富士山が見えない中での山歩きとなりました。
 今回は、山中湖畔の長池親水公園の駐車場に車を止めて回ってきました。駐車場から登山口まで長い駐車場歩きになってしまったので、バスに乗ればよかったかなと、少々後悔。石割神社の登山口からは、しばらく石段を登ります。途中、ご神木の桂の木や、ご神体の石のある神社を通ります。そこから、しばらく行くと山頂です。残念ながら富士山は見えませんでしたが、山中湖を眺めながら休憩。




200307_2.jpg 平尾山方面へ。ぬかるみに気を付けて進む。平尾山からはこれから進む大平山方面などが見えますが、隣に別荘地があるのはなんか少し不思議な感じです。



200307_3.jpg 写真3枚目は平尾山と大平山の途中から見た三国山方面。大平山からは大出山方面を目指します。飯盛山を過ぎた後、東海自然歩道とは別の道を行くので注意。大出山につくと、あとは、別荘地の車道歩き。
 湖畔まで下ったら、駐車場へ向かいます。富士山の見える時を狙って、再度訪れたい山です。



長池親水公園-60分-平野バス停付近-20分-登山口-50分-石割山-30分-平尾山-35分-大平山-40分-大出山-20分-山中湖畔-20分-長池親水公園
合計5時間10分
posted by コジコジ at 18:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

飯盛山(長野県南牧村 1643m)

200201_1.jpg 八ヶ岳の東側、清里と野辺山のあたりにある飯盛山。平沢峠、獅子岩の登山口から1時間くらいで登れる山です。昨年は3月9日に平沢峠から往復しましたが、今回は、平沢峠に車を止めて、車道を清里方面に歩き、平沢集落から登りました。清里駅からアクセスしやすい登山口です。
 先週、雪が降ったので雪の中の山歩きとなりました。途中、ふみ跡が減っていき、ちょっと焦りましたが、宮司の滝からの登山道が一緒になる東屋のある所からはふみ跡も増え、一安心でした。

200201_3.jpg山頂直下で、平沢峠からの登山道と一緒になり山頂へ。天気も良く、見事な眺めでした。北アルプス方面は曇っていました、それ以外は晴天で、八ヶ岳、南アルプス、奥秩父方面などとてもきれいに見えました。写真2枚目は、飯盛山山頂へ登るハイカーたち。写真3枚目は、南アルプス。左側の雪がたっぷりの山が来ただけ、右側の雪が被って、どっしり見える山が甲斐駒ヶ岳。



200201_2.jpg 展望を楽しんだ後は、山頂直下で軽食。隣の高台で休憩している方も多かったです。

車道歩きが少々面倒ですが、周回コースにすることで、峠からのピストンよりものんびり歩けました。
清里側からは最近は歩く人も減っているようで、静かに歩きたい方にはいいかもしれません。

平沢峠-40分-清里側の登山口-50分-東屋-30分-山頂-20分-大平山-30分-平沢峠
合計3時間5分
posted by コジコジ at 16:00| Comment(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

陣馬山−高尾山

200125_1.jpg今年も恒例の、陣馬-高尾ハイキングに行ってきました。ここ数年、晴天のことが多かったと記憶していますが、今年は曇り空の中のハイキングとなりました。曇りでしたが、高尾駅では多くの方がバスを待っていました。



200125_2.jpg 曇り空だったものの、山からは東京や横浜、江ノ島も見えていました。写真はおそらく江ノ島です。

今年はやはり暖かいのか、小仏城山ではろうばいが咲いていました。


200125_3.jpg

薬王院では一年の交通安全を祈願しました。高尾山スミカでは、天狗焼を購入して下山。

陣馬高原下―60分―和田峠―25分―陣馬山―35分―明王峠―65分―景信山―40分―小仏城山―50分―高尾山-35分-高尾山スミカ-30分-下山口―10分―高尾山口駅 (合計6時間40分)
posted by コジコジ at 17:00| Comment(0) | 散歩・山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

高尾山

191130_1.jpg 妻と一緒に、紅葉と天狗焼きを楽しみに高尾山へ行ってきました。
沢沿いの6号路は、台風の被害から最近開通したばかりでした。沢には、大きな木が倒れていたりしましたが、問題なく歩けるようになっていました。登山道の整備をされている方に感謝です。


191130_2.jpg 山頂では、富士山がきれいに見えました。また、モミジの紅葉も見ごろで多くの人でにぎわっていました。


191130_3.jpg 高尾山スミカで、話題の天狗焼きを購入し、1号路で下山しました。


高尾山口駅-15分-6号路入り口-80分-高尾山頂-高尾山スミカ-高尾山口駅
合計4時間30分(天狗焼きの待ち時間含む)
posted by コジコジ at 15:00| Comment(0) | 総記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。